ACTIVITY

取り組み

SCROLL

SDGs

持続可能な開発目標

SDGs

SDGs とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

ボランティア活動

マニラ市を拠点に活動する『BRIDGE BUILDERS FOUNDATION』への 寄付を通じ、主に助けを必要とする子供達への支援活動を行います。

2022年6月4日

ボランティア団体『bridge builder foundation』へ訪問し、2回目となるボランティア活動を実施致しました。 初の活動となる前回は、食料や物資を寄付するだけの活動としましたが、その結果、なにか物足りなさを参加者全員が感じており、 今回は、物資の寄付以上の意味を感じて貰える様な活動としたく、ペンやノートの寄付に加えて日本文化の簡単な紹介や日本語を教えるワークショップを開催致しました。

寄付の内容

  • 米、缶詰等の食料100パック
  • ノート、鉛筆、ボールペン等の文具40セット

活動内容

  • 映像による日本文化の紹介
    駅などで列に並ぶ文化、お辞儀などによる感謝を伝える文化、学校での授業後の掃除や地域のクリーンアップ活動等、 異文化の良い習慣を紹介する
  • 日本語ワークショップ
    ひらがなを用いて自分の名前を読み書きし、簡単な日本語でのあいさつを教える事で、学ぶ事の楽しさを伝える
当初の目的である、「寄付以上の意味を持った活動」と言う意味では、とても良い働きが出来たと感じました。 日本企業である我々に何が出来るかを考えこのような内容としましたが、子供達に日本文化を強制するのではなく、何かに興味を持ち学ぶ事の大切さを伝える事が重要と考えながら実施しました。

その結果、とても熱心に読み書きを学ぼうとしてくれる姿を見る事ができ、我々の伝えたい事を少しでも感じてくれたのではないかと思います。 また、先方担当者も強く興味を持って下さり、継続した活動の要望も頂きました。 更にこの活動は、私を含むTHGDスタッフにとってもとても良い経験となり、多くの良い影響があると感じております。

2022年3月19日

初のボランティア活動を実施。
『BRIDGE BUILDERS FOUNDATION』へ洗濯機、米、缶詰等の寄付に加え、
周辺の恵まれない子供達へ150セットの食料を配りました。
この活動は継続して行い、企業としての社会貢献を実施致します。
TACT HOME GLOBAL DESIGN CORPORATION
U-A Paseo View,6F Lepanto Bldg.,8747 Paseo de Roxas Ave.,Salcedo Village,Makati,Philippines
02-737-36011 (フィリピンからのお電話)
042-816-2700 (日本からのお電話)